排水水漏れの原因と水道修理業者を呼ぶかどうかの基準

排水管 水漏れが発生している場合、水道 修理業者を呼ばないといけないと思ってしまいがちかもしれません。しかし種類によっては自分で修理できる可能性もあります。どのようなことが原因で水漏れを起こすのか、業者を呼ぶ基準についてみていきます。

■排水トラブルの原因

排水で水漏れの原因として考えられるのは、詰まりです。パイプの中が詰まってしまうと水の流れが悪くなって、大きな負担がかかります。また完全に詰まってしまうと逆流する恐れも出てきます。また接続部の緩みによることも多いです。この場合、ナットを締め直せばいいので、自分でも対処できるかもしれません。もし排水パイプを10年以上使っているのであれば、経年劣化が原因でしょう。この場合には交換する必要も出てきます。

■自分で修理できるかどうかの基準

ナットの緩みやパッキンの劣化などの軽微な症状であれば、自分で対処できるかもしれません。しかし次のような状況であれば、プロに連絡するのが賢明です。ドバドバと勢いよく水が出ている場合、床下から水がにじみ出ているような場合、どこで問題が起きているのか原因箇所を特定できないような場合は、自分で何とかしようとは思わないことです。


■まとめ
排水のトラブルの場合、素人でも簡単に修理できるようなものもありますし、プロによる作業が必要な事例もあります。上で紹介したような基準で考えるのもいいですし、もし自分で直すことが難しければ水道業者に依頼した方がいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ