水道パイプの水漏れ原因と修理の方法

パイプは私たちの体で例えるところの血管のような大事なもので、ここで何らかのトラブルが起きると水漏れが発生しやすくなります。もし水漏れが発生した場合を考えてどのような原因が考えられるのか、修理方法として何があるのかについて確認してみましょう。

■水漏れの原因

パイプの水漏れの原因ですが、2つの要素に集約できると考えられます。それは汚れと老朽化です。生活排水がパイプの中で固まってしまって、つまりを誘発して、逆流などを招きます。
また長年同じものを使っていると、老朽化が起こります。その結果、腐食などが起こりそこから漏れの発生することもあり得ます。また気温の急激な変化や地震による強い振動などのダメージが長年蓄積されることで劣化のペースの早まることもあり得ます。

■シンク下の排水パイプをチェックすること

水道の配管は床下や壁の中を大半をめぐっています。もし自身が修理できるとすれば、シンク下の排水パイプくらいです。この部分で水漏れが起きていないかどうかチェックしましょう。もしこの部分でぽたぽた水が垂れている、濡れているようであれば、接続部のナットを締めてみましょう。もしこれでも症状が改善しないようであれば、パッキンを交換することで対処できるでしょう。これで改善が見られない場合は業者へ依頼することが確実です。

■まとめ
水道の配管は、目に見えないところを走っています。もし壁や床から水がしみ出しているようであれば、その内部で何らかの異常の発生している可能性が疑われます。目に見えないところで問題が発生しているようであれば、速やかに修理業者を呼びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ