床が濡れている場合の水道修理について

床下が濡れているのを発見すると、どうしたらいいか途方に暮れてしまうかもしれません。しかしもし床下からの水道の漏れを確認したのであれば、原因を特定することが何よりも大事です。場合によりますが、水道 修理業者を呼ばなくても自分で対処できるかもしれないからです。

■給排水管のいずれかからの水漏れが多い

床下が濡れている場合、たいていのケースで給排水管の水漏れが疑われます。例えばキッチンのシンク下の水道管などを見て濡れている個所はないか確認しましょう。場所が特定できれば、まずはナットを締め直してみることです。ナットは長年同じものを使い続けていると徐々に緩んでしまって、そこから水が漏れ出すこともあるからです。


■パッキンの劣化も考えられる

ナットを締め直しても症状が変わらないようであれば、パッキンの劣化が考えられます。つなぎ目のところにはパッキンが入っています。これを取り出してみましょう。もしゴムパッキンが固くなっていたり、もしくはちょっと指を触れただけでも黒っぽくゴムの色がついてしまうのであれば、劣化している証拠です。ホームセンターに行って、新しいものと交換しましょう。



■まとめ
帰宅してみると突然、床下が濡れていたらびっくりするかもしれません。しかし水道管のナットの緩みやパッキンの劣化など、簡単なトラブルが原因のこともあり得ます。一方でそれ以外のトラブルも十分考えられますから、修理業者に問い合わせするのも一考です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ